飲み薬のGLPー1ダイエットをスタート!

こんにちは。City Oasisの安藤です。
コロナ禍の自粛生活中、減らない体重と戦うべく、市販されている様々なダイエット用のサプリメント(大人のカロリミット・メタバリアEX・DHC遺伝子のダイエット対策キット対応型サプリなど)を1年間試行錯誤しながらダイエットをしたのですが、食欲が落ちる事がなく、1㎏減ったか減らないか…自分なりの努力は報われることなく、残念な結果でした。閉経後のダイエットは難しいということを実感したのです。

8月にワクチン接種が終了した私は、意を決して肥満外来のある内科を受診、根拠に基づいた新しいダイエット治療「飲み薬のGLP-1ダイエット」をスタートしました。

DSC_0385.JPG

以前は注射薬しかなかったGLP-1ダイエットですが、2021年2月から日本でも飲み薬・内服薬・経口投与によるGLP-1作動薬「リベルサス」が発売されたので、注射に抵抗のあった私も挑戦することが出来るようになったのです。

GLP-1は人間が体内で作っている「やせるホルモン」と言われており、GLP-1を投与することで自然と食欲を抑え、満腹感の持続、脂肪分解と熱産生の促進の効果等が得られるそうです。

1回目の受診の際には、身長・体重・腹囲を測定し、医師の問診、リベルサスについて以下の説明を受けました。

〇 「リベルサス」は日本では糖尿病治療薬として承認されており、医師の管理の元の使用が求められている。
〇 1日1回飲み薬にて治療をしていき、定期的に血液検査を受ける。
〇 1か月毎に再受診をし、治療を3か月継続する。それ以降は応相談。
〇 最初の1か月は3㎎錠を服用、2か月目以降は7㎎錠を服用。

1か月目は3㎎1錠を毎朝少量の水で飲みます。その後30分は何も飲んだり食べたり出来ません。

DSC_0388.JPG

DSC_0386.JPG

体重の変化ですが、GLP-1ダイエットを始めて1か月後に-3㎏という素晴らしい結果が得られました。
驚くほど食欲が無くなったため、食べる量が今までの半分に減り、アルコールも飲みたいという気持ちが無くなり、たまにビールやワインを少し飲む程度になったのです。私にとって食欲が無いというのは今まで経験したことが無いので本当にビックリしています。

2か月目は7㎎になり、現在3週間経ったところですが、さらに少し体重が減り、GLP-1ダイエットを始めてから-4.5㎏という結果となっています。

DSC_1208.JPG

費用ですが、1回目は、診察と血液検査、薬で16780円、2回目は、診察と薬で14310円でした。
副作用は、時々便秘や下痢になったり、胃もたれや胸やけ、だるさ、頭痛を感じたりしましたが、数える程です。薬を服用する前も同様の症状は時々あったので、副作用かどうかはよく分かりません。

GLP-1ダイエットと並行して、毎日ストレッチやマッサージを行い、2日に1度はサロンの痩身マシンを腹部とウエストに施しています。

GLP-1ダイエットを始めて3か月が終了した頃に最終結果をお知らせします。

バリエステ・アジアンリラクゼーション・占いなら City Oasis

この記事へのトラックバック